手作り財布の築いてきた歴史に関して

数多くの人が出かける際に財布を持参して歩いているでしょう。ブランド銘柄それから、素材などのビジュアルやスタイルが多数あり、多種多様な商品が世間にはあります。加えて、カード、あるいは携帯端末を使用し決済出来るのでこれについても、一種といえるでしょう。それほど知れ渡っていないかもしれませんが、築いてきた歴史があり現在のような紙幣を入れる時代は17世紀までさかのぼります。そこに至るまでは、手作りの袋に硬貨を入れていましたが、紙幣を活用するようになってから、使われるようになりました。アメリカやヨーロッパでは牛肉の消費する量が多々あったのと農耕馬を飼っていることから数多く革が生産されていました。こうした背景から今日のように発展しています。

天然素材だから生み出される特徴

天然材料の革を使用した手作り財布は、ブランドにはないアピールポイントがあります。まず第一に、アピールポイントについて把握する前に皮革のことを理解しましょう。皮は生ものですので自明のことですが、劣化します。そうならないように動物性脂肪を除いたりタンパク質を変性させて油脂をプラスします。このことがなめしといわれています。皮をなめすことにより製品にします。鞣すプロセスを受けて、得るメリットにはまず第一にエイジングがあります。時間を費やして使いこなせば艶や色味のチェンジを楽しんで自らが財布を育て上げることができます。結果、至極当然触り心地にもチェンジが映し出され一層自分自身の手に馴染むことになります。本来生ですので、適切に湿度を逃したりします。加えて、鞣した作用でオリジナルな油分、あるいは染料の匂いがもたらされるでしょう。

革製ならではウィークポイントと日頃の手入れの必要性

天然素材にも、生だからこそのウィークポイントがあります。そのひとつが水に対してあまり強くない点です。水は天敵とされています。人間であってもたくさんの時間水につけるとふやけるように、水ぶくれができたり、色落ちそして型の変化があります。加えて、湿気に対しては非常に強いですが温度の移り変わりには耐性はありませんから、形状が変わったりします。そして、湿度に強くても限度があり、知らず知らずカビがはえるなんてことも少なくありません。それに加えて、非常に小さいカビについては水分が無くなった布や紙ヤスリを活用することによって擦り付けたりアルコールスプレーなどを利用して拭いて殺菌できます。

返品および交換をご希望のお客様は、商品到着から7日以内に手続きを行ってください。 1924年創業のナチュラルレザーブランドのcotone(コットーネ)。 初心者から子供まで、どなたでも参加可能。講師が丁寧に教えます。 発送は日本国内のみ、翌々営業日に発送します。 ポイントの保有期間は、ご注文日時から1年間となっています。 送料はお届け地域に関わらず、全国一律で540円です。 ずっと使い続けたい上質感のある手作り財布はEpoi